公認会計士への道

公認会計士への道

MENU

2019年アカ凸本格始動!

2019年アカ凸本格始動!

 

どうも、松本です。

 

ついにアカ凸講座が動き出します。

 

2019年より「速攻即効の論文対策講座ver.2.0(全10回)」と「短答総合問題対策講座(全10回)」という2つの講座から開始していくことが決定致しました!(講義回数は変更の可能性があります。)

 

LEC講座で展開していた速攻即効の論文対策講座と短答総合問題の解法を伝授する3倍速講座(簿記)を、よりパワーアップする形で受講生の皆さんに提供していきます。

 

☆速攻即効の論文対策講座ver.2.0とは何か?

 

速攻即効の論文対策講座ver.2.0では、主に論文受験生向けに

 

・戦略立案編(NEW!)

 

・マインド編

 

・論文記述編

 

・実践テクニック編

 

・各科目対策編

 

・直前対策編(NEW!)

 

の6つのパートに分けて、2019年の論文を攻略する方法を伝授していきます。

 

新設する「戦略立案編」では、さらに

 

論文1年目の学習法

 

・2018年12月短答合格者の受験戦略⇒短答の知識を最大限有効活用する一撃合格戦略

 

・2018年12月短答不合格者の受験戦略⇒5月合格を重視するタイガーゲート戦略又は8月合格を重視するドラゴンゲート戦略(どちらを選ぶべきか?)

 

論文2年目の学習法⇒インプットからアウトプットへと回帰する王道戦略

 

論文3年目の学習法⇒学習の方法や考え方を抜本的に見直すパラダイムシフト戦略

 

に分けて、それぞれが取るべき学習法の指針を提供します。

 

また「直前対策編」では、2019年向けの出題予想この時期に優先すべき学習方法モチベーションアップの秘訣不合格者が陥る落とし穴について詳細な解説を加える予定です。(2019年5月以降の配信予定)

 

対象者は「2019年8月論文を志す全ての方」です。

 

☆短答総合問題対策講座とは何か?

 

これは、従来LECで担当させて頂いておりました「3倍速講座(簿記)」のパワーアップ版の講座になります。

 

財務の問題23から問題28までの6問構成からなる総合問題の解法を解説する講座になります。

 

通常の簿記講座では、各論点の個別解説が中心になりますので、短答の総合問題に特化した講座というのは、受講生の皆さんと話をしていてもニーズがありそうだと判断しました。

 

本講座の最大の特徴は、問題集の通り一遍の解説ではなく、合格レベルの下書用紙の作り方や合格点の取り方といった「解法の解説」講座であるというところにあります。

 

一般的な受験学校の答練だと、総合問題の難易度が高すぎたり、そもそも解説講座が存在しないこともあり得ます。

 

個別論点と総合問題がリンクしてこないジレンマを払しょくするための講座が本講座になります。

 

基礎的レベルの良問を厳選した上で、各回ごとに1時間程度の時間をかけてじっくりと解き方の手順から解説を加えていきます。

 

問題集は、短答過去問と論文過去問をベースにしたオリジナルの総合問題を全10題(1題6問構成)ご用意する予定です。

 

連結を中心とした総合問題の解法解説講座なので、論文受験者の基礎知識を確認するための回転教材としても最適なものになるかと思います。

 

それゆえ、対象者は「2019年5月短答受験者および8月論文受験者の方」になります。

 

☆価格はいくらか?

 

さて、この2つの講座ですが、LECでは「速攻即効の論文対策講座が48,000円」、「3倍速講座が40,000円」で販売されておりました。(多分)

 

今回のこの2つの講座は、アカ凸講座の本格開講に先立って、後述する「対象者(=私が応援したい受験生)」に受講して頂くことを念頭に置いております。

 

だから、価格面は優遇したい! という想いが強くあります。

 

48,000+40,000=?

 

少し計算してみましょう。

 

私も公認会計士の端くれです。四則演算なんてお手の物です。

 

まず、48,000円だと計算が難しいので、これを40,000円と8,000円に分けます。

 

(40,000+8,000)+40,000

 

次に40,000円をそれぞれ予め一晩寝かせておいた20,000円で2つに分けます。

 

(20,000+20,000)+8,000+(20,000+20,000)

 

真ん中にある8,000円を一番右に持っていきます。

 

(20,000+20,000+20,000+20,000)+8,000

 

ここで「ぷよぷよの法則(4連で消える法則)」を適用します。すると・・・

 

(はい消えた!⇒0)+8,000

 

となります。

 

更に8,000円を予め沖縄に保管しておいた2,000円札に両替します。

 

(0)+(2,000+2,000+2,000+2,000)

 

となります。

 

ここで惜しげもなく「ぷよぷよの法則」を再度適用します。すると・・・

 

(0)+(はい消えた!⇒0)

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

はい。

 

というわけで、0円(無料)でのご提供となります。(回りくどっ!)

 

つまり、対象者には、速攻即効の論文対策講座(全10回)と短答総合問題対策講座(全10回)をナント無料で提供しようと思います!(太っ腹!)

 

☆対象者とは誰ぞ?

 

対象者は下記の4つのいずれかを満たす方になります。

1.プレミアム受講生

 

2.2019年5月向け及び2019年12月向けの入門&上級コースの受講生

 

3.その他のLEC生(過去に会計士講座を受講していた方)

 

4.まつブロからのイベント参加者

 

1.プレミアム受講生

 

まずは、「プレミアム受講生」です。

 

プレミアム受講生かどうかの判別方法は、080から始まる松本講師の電話番号を知っているかどうかです。

 

知っている方はプレミアム受講生です。知らない方は違います。

 

私と最も距離が近い受講生であることと、短答後の受講相談に応じられていないことから、優先して対象者とさせて頂きました。

 

2.2019年5月向け及び2019年12月向けの入門&上級コースの受講生

 

次に、「2019年5月向け及び2019年12月向けの入門&上級コースの受講生」です。(入門からのコース生限定です。単価生や上級だけのコース生は対象外です。)

 

2019年5月向けのLEC生は松本講師の2018年12月向けの上級講座(簿記、監査論)を視聴できる環境下にあったと思います。

 

私がLECを辞めることを知っている方も多いですし、上記の「速攻即効講座ver.2.0」と「短答総合問題対策講座」は既存の講座とは重複しませんので、私としても皆さんのお役に立てる余地があると判断しました。

 

2019年12月向けのLEC生は直接私の講座は受講されていないと思います。

 

しかし、「松本講師が担当すると思っていたからLECの会計士講座を申し込んだのに、実際は違っていた。」という声がチラホラ聞こえております。

 

当該受講生の皆さんには、上記の2つの講座以外にも本格開講するアカ凸講座を無償で提供する用意があります。

 

必ず2019年12月向けであることが分かるよう、後述する受講証を添付して下さい。

 

3.その他のLEC生(過去に会計士講座を受講していた方)

 

現在、LEC生ではありませんが、過去に会計士の入門&上級のコース講座を受講していた方も今回の対象者に加えます。

 

もう少し分かりやすく言うと

 

過去に全99回(基礎編5回+本論編94回)からなる松本講師の入門講座を受講していた方

 

に限定します。

 

本論編の内訳は財務51回、管理25回、監査10回、企業8回です。

 

これを見て、「あー、あの講座のことか。確か補講もあったよなー。」と言える方は対象者です。

 

「へ?入門って何?」と言う方は対象外です。

 

以前、まつブロで過去のLEC生の方であっても何らかの特典をお付けするという約束をしておりました。

 

他校に移籍されたとしても、私にとっては大切な「松本クラス」の皆様であることに変わりはありません。

 

だから、今回の無料講座の受講対象者とさせて頂きました。

 

4.まつブロからのイベント参加者

 

上記の1から3までは、ほとんどがLEC生(過去含む)です。

 

一方で、不定期にアップするまつブロを熱心にご覧頂いている他校生の方もいらっしゃいます。(本当にありがとうございます!)

 

私としては、受験学校の垣根を越えて応援したいと思える受験生であり、彼ら彼女らも特別に今回の対象者に加えることにしました。

 

イベント参加者ということですが、具体的なイベントは「過去の飲み会(クリスマスパーティー含む)と今年9月に開催したフジフェスの参加者」に限定します。

 

もう少し分かりやすく言うと

 

生の松本講師がそこにいて、アルコールを提供するイベントに参加したことがある方

 

です。

 

あずさ監査法人とのコラボ飲み会もOKです。

 

冷静に考えると一人で飲み会やイベントに参加するのは、大変勇気のいる行動ですので、実際に行動に移して頂いた方を尊重したいという思いから、今回の受講対象者に加えさせて頂きました。

 

やっぱり顔を知っている受講生やイベントに参加して下さった受講生は応援したいものです。

 

☆対象者であることを証明する媒体(重要!)

 

さて、今回ご提供する2つの講座は無料ですので、なりすましを防止する必要があります。

 

そこで、受講生の皆さんに「対象者であることを証明」して頂く必要があります。

 

下記にまとめましたので、ご覧ください。

 

1.プレミアム受講生
対象者であることの証明は不要です。

 

2.2019年5月向け及び2019年12月向けの入門&上級コースの受講生
現在、保有している「受講証(黄色いやつ)」が必要です。

 

3.その他のLEC生(過去に会計士講座を受講していた方)
過去の受講証が必要です。(2018年12月向けの受講生には、受講証を保管するようお願いをしていたかと思います。)

 

それ以前の受講生で、受講証がない方は、LECの渋谷校なり会計士課に掛け合って、証明書(受講履歴が分かる書類であればOK)に相当するものを入手して下さい。

 

私の方ではLEC生の名簿を持っていないので、受講証や証明書がないとLEC生であったかどうかの判別がつきません。

 

ちなみに、過去に通学で受講していて受講証が存在しない方で、かつ「松本講師は自分を知っているはずだ!」という方は、ご自身の顔写真を送って頂いても構いません。(結構勇気入りますが。)

 

いわゆる「顔パス」というやつですね。

 

何にもないという方は、残念ながら今回の無料受講の対象外となります。

 

4.まつブロからのイベント参加者
いつのイベントに参加したのか、詳細と日付を記載(必須!)して頂きます。

 

私の方で過去の参加者リストと照合します。

 

1から4における取り扱いの優劣はありませんので、重複する方は、最も証明しやすい方法を選択してください。

 

2と3の際に必要な受講証や証明書は、スマホなどで写真を撮って頂き、当該写真をメールに添付して送信して頂きます。(コース等が鮮明に分かる写真を送ってください。)

 

現物の提出は不要です。

 

☆今後の流れと講座開講の予定について

 

2019年1月中旬 お申込みフォームをまつブロ内に設置。(フォームの設置期限は1月末まで。2月以降はお申込み不可。)

 

対象者はフォームに記入し、各自でお申込み。

 

自動メールが届くので、これに受講証・証明書等の写真を添付して返信。(2と3のみ。1と4は不要)

 

本人確認のための審査。(1、2、3、4全て) ※審査の結果、対象外となることもあります。

 

2019年1月下旬 対象者には各別にIDとパスワードを付与したメールを送信

 

アカ凸のEラーニングシステムにログインして受講開始!

 

2019年1月末 速攻即効の論文対策講座(戦略立案編、マインド編、実践テクニック編)スタート!

 

2019年3月末 短答総合問題対策講座スタート!

 

2019年5月末 速攻即効の論文対策講座(直前対策編)スタート!

 

☆留意点

 

1.アカ凸のコンテンツを制作しながら、講義を収録・配信していきます。

 

相当タイトな資源制約のもと、受講生にとって有益な講座になるよう、毎日必死で考えて作っています。

 

なので、特に「3」に該当する「こんな私は対象者でしょうか?」的な個別的な状況を勘案したご質問には対応できません。

 

何が証明書に該当するのかは、ご自身で考えてください

 

それすら分からない人にこの講座をご受講頂く価値があるとは思えません。

 

2.2018年以前の論文合格者はお申込み頂けません。

 

3.コンテンツの不正利用や流出が発覚した場合には、すべてのコンテンツの受講が永久停止になります。(裁判の可能性もあり。)

 

4.今回の2つの無料講座の受講可能期間は2019年8月31日までです。(2019年12月向けのLEC講座受講生を除く。)

 

なお、公認会計士受験生専用シェアハウス「Sho Room」の現入居者(2期生)の方は、そもそもアカ凸講座自体が入居期間中無料で受講可能なので、まつブロからは申し込まないで下さい。(1月に行く熱海旅行の際に詳細を説明しますので。)

 

☆最後に・・・

 

速攻即効のテキストや短答総合問題集は、基本的にデジタルコンテンツ(PDF)で配信、ダウンロードして頂くことを念頭に置いております。

 

1.i-Pad(※第6世代以降の、アップルペンシル対応のもの)

 

2.アップルペンシル

 

3.Goodnote4(PDFにペンで自在に書き込める有料の神アプリ)

 

の3点セットが、新時代の受講スタイルになるものと確信しています!

 

アカ凸では上記3点セットでのオンライン受講を強く推奨しています。

 

現時点で2つの無料講座を利用される方は、受験学校から送付されたテキストや問題集が大量にお手元にあるはずです。

 

少なくともアカ凸では物理的な負担を軽減する観点から、テキストや問題集は極力デジタル化し、他校の製本テキストと併用して頂ければと思っています。

 

アカ凸の全講座は最終的にはi-Padだけで、学習が完結できるようなります。

 

その前段階として、デジタルの方が「学習が効果的かつ効率的に実施できる!」という認識を抱く契機になれば幸いです。

 

☆いや、どうしても製本が必要! という方は・・・

 

もちろん、ご用意はできます。

 

ただし、これは有料です。しかも値段が高いです。(全受講生共通の運用です。例外はありません。)

 

なぜ有料かと言えば、それは、「製本から発注まで外部の業者に委託するから。」です。

 

私の手元には、製本テキストや問題集は一切保管しません

 

注文を外部サイトで受付け、代金の決済後に外部の業者が製本して、ご自宅まで発送してくれるサービスを利用します。

 

究極のかんばん方式、ジャストインタイムの適用です。

 

なぜ値段が高いのかと言えば、それは、「物理的な製本が常識とされる状況に対抗する抑止力として機能したいから。」です。

 

つまり、あまり製本サービスを申し込んで頂きたくない、という私の本音の表れです。

 

とは言え、受講スタイルを私が強制する訳にもいきませんので、製本自体にはもちろん対応しております。

 

製本テキストと問題集の値段ですが、

 

速攻即効の論文対策講座が5,000円(テキスト)短答総合対策講座が5,000円(問題集)を予定しています。(変更の可能性があります。0が一つ多くなるかもしれません。ふふふ。)

 

どちらか片方だけのお申し込みも可能です。

 

ただし、今回の「対象者」しか購入はできません。(対象者には別途、準備ができ次第、ご案内する予定です。)

 

☆新時代の受講スタイルについて

 

スマホやPCで講義動画を見ながら、i-Padを使用してGoodnote4経由でダウンロードしたPDFテキストにアップルペンシルで自在に書き込み、マーカーをする。

 

色々やってみましたが、個人的には現時点で、これが最強の学習媒体であると確信しています。

 

i-Padを通じた学習は、最初は不慣れゆえ、戸惑いを隠せませんでしたが、検索や付箋の機能を駆使すれば、明らかに製本テキストよりも使いやすくなります。

 

しかも、PDFなら改正に対応しやすいメリットもあります。

 

バージョンを差し替えるだけですから。

 

アカ凸講座はスマホでのオンライン受講に完全対応しています。

 

スマホとi-Padとアップルペンシルさえあれば、日本中、いや世界中のどこでも学習ができる時代が到来します。

 

さらに言えば、世界中のどこでも仕事ができる時代が到来します。

 

「移動の自由」は端末をデジタル化することで、よりラディカルに進展していきます。

 

ぜひ一度、無料でのアカ凸講座を通じて新時代の受講スタイルを体験してみて下さい!

 

以上です。

 

長くなりましたが、2019年にはアカ凸講座を本格始動させていきます。

 

松本講師は終わってなどいません!!

 

これからもバリバリ、会計士受験生のお役に立っていくことをここに宣言します!!

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

P.S. なお、本格的なアカ凸講座は新元号となる2019年5月1日開講予定です。

 

講義コンセプトや料金体系、講座コースやFAQ(結構ご質問頂いております。)などは別途改めてお知らせいたします。(まぁ、コースなんてないんですけどね。)

 

結構衝撃を受けると思います。

 

お楽しみにしていて下さいね!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

関連ページ

アカ凸講座と進撃の巨人
アカ凸松本講師による公認会計士受験生応援ブログ 「まつブロ」
会いに来てくれる講師とは?
アカ凸松本講師による公認会計士受験生応援ブログ 「まつブロ」
アカ凸開講ってどーなってんの?
アカ凸松本講師による公認会計士受験生応援ブログ 「まつブロ」